プラセンタを比較するべき|美を極めたいならココ

何由来の成分かをチェック

過程も見比べよう

レディ

英語で胎盤を意味するプラセンタには、胎児の生育に欠かすことのできないさまざまな栄養素がたっぷりと詰まっています。
中でも注目を集めているのが、細胞の分化や増殖を助ける成長因子です。
これにより組織修復力が高まり、臓器や細胞を活発化させることができると言われています。
栄養の宝庫とも呼ばれ美容や健康、アンチエイジングと幅広い効果が期待できるプラセンタを摂取するには、サプリを活用するのが一般的です。
とはいえ注目度の高さに呼応するかのように多種多様のサプリが出ているため、どれを選ぶべきか悩んでしまうこともあるでしょう。
そのような場合には各製品を比較してみることが大切です。
まずはプラセンタが何由来のものであるかを比較することから始めると良いでしょう。
成長因子を始めとする豊富な栄養素の恩恵を最大限授かるには、人との親和性が高い哺乳動物の胎盤エキスが配合されているものが好ましいとされています。
哺乳動物由来のプラセンタも馬や豚など更にいくつかの種類に分かれているため、アミノ酸の含有量や価格などで比較して自分に合ったものを選ぶようにしてください。
同じ動物の胎盤を用いていても、抽出方法によってプラセンタの量は変化します。
有効成分をどれだけ含んでいるかはサプリの質と直接的に関わってくる部分でもありますので、きちんと比較した上で選択しなくてはなりません。
併せて滅菌処理の有無も確認しておきたいところです。
加熱非加熱問わずきちんとした処理が為されていれば、安心してサプリを摂取することができます。

哺乳動物由来だからこそ

ウーマン

プラセンタは哺乳動物の胎盤から有効成分だけを取り出してエキスのことを指して言い、その哺乳動物はヒト、ブタ、ウマの三つに絞られます。
その中で比較してみると、ヒト由来の胎盤から抽出されたエキスは注射や内服薬として、医療機関でのみ投与されるという特別性があります。
安全性においては製薬会社によって厳重に管理されていますし、医師による投与ということもあって、重大な副作用の報告はこれまであがっていません。
ブタとウマの胎盤から抽出したプラセンタエキスは、主に健康食品として商品化されており、サプリメントやドリンク、ゼリーなど、さまざまな商品になっています。
ウマはブタと比較して体温が高いことから、寄生虫に感染しにくく、より衛生面で優れた健康食品が作れるとして、近年、人気を博しています。
一方のブタも、衛生面にこだわって飼育された特別なブタから採取した胎盤からプラセンタエキスを抽出し、商品を作ることが可能になりましたので、こだわりのブタ由来プラセンタを比較して選ぶことで副作用の心配はかなり軽減されます。
プラセンタを摂取した場合に起こる副作用としては、生理が早く来たり、経血量が多くなったりといったことの他、お通じにも変化が現れ、軟便になる傾向が見られます。
これらはプラセンタによって体の機能が正常化される過程で起こるものであり、体に合わないために起こる副作用とは言えません。
正常になるにつれてだんだんと治まってきますが、いろいろな原料のプラセンタを比較して摂取してみるのもいいでしょう。

トップランクの品質に期待

女性

プラセンタは胎盤由来の成分で、美容や健康にも効果的だと言われています。
そして、プラセンタには豚由来、牛由来、馬由来、植物由来などの原材料の相違があります。
日本国内では梅由来や豚由来のプラセンタが多く見られています。
その中でもトップランクの品質と言われているのが馬由来のプラセンタです。
馬油は美容にも使用されていますが、人が持つアミノ酸となじみがよく効果的だと言われます。
プラセンタにも同じことがいえるので、美容向けとして肌につけることでも用いられる機会が増えています。
また、健康食品に入っているプラセンタも、馬由来のほうが体に吸収しやすい特徴を持っています。
有効成分含有量が多くても、吸収しにくいのでは効果が得られないことがあるので注意しましょう。
健康食品としてプラセンタを取り入れると、肌にも良い効果が期待できますし、関節の悩みを持っている方もスムーズな動きを目指すことができるでしょう。
スキンケアのプラセンタでも、サラブレッド由来のものが最高品質だと評価されています。
国内の馬由来であれば、管理体制も整っていて信頼性が高いでしょう。
体に吸収しやすいプラセンタを活用して、満足できる効果を実感したいなら馬由来のものを選択するのが理想的です。
馬由来プラセンタにも豊富な種類があるので、コストパフォーマンスが高く使いやすい価格帯から選択できます。
ロスを生まないためにも吸収率の高い馬由来のタイプがお薦めです。